縮景園 Shukkeien


スタッフのユカです。
平和公園、宮島に次ぐ市内おすすめスポット、縮景園を紹介します。

akicafe innからは、川沿いを15分ほど歩くと着きます。駅から水上タクシーも出ているので、そちらも風情があっておすすめ。
入園するとガイドさんが待機しています。一緒に回って説明してくれるのでぜひお願いしましょう!勉強になったし楽しめました。英語ガイドさんもいるみたいです。

縮景園入口 縮景園全体

縮景園は江戸時代初期、1620年に広島藩主の浅野家により築かれました。原爆でほぼ壊滅しましたが、その後立て直されました。

鯉とか

池の水は京橋川から取り入れているため汽水となっています。鯉と一緒に海の魚が泳ぐという不思議な光景です。亀やカニなんかもいます。

 

被爆イチョウ

お殿様が見た景色。
ロクロ式の椅子を家来が回して、お殿様は座ったままで庭園が見回せたみたいです。

見づらいですが、上の写真右側に傾いたイチョウの木があります。原爆投下後に庭園内で生き残った3本の内の1本。爆風で爆心地外側に傾き、拭き戻しの風で爆心地側に傾いたそうです。この被爆イチョウの種は、平和の象徴として海外にも送られています。

400年の歴史と被爆の過去がある庭園ですが、今は都会の中の癒しとなっています。ちなみに入口から見て右側が春の庭園、左側が秋の庭園となっています。季節によって全く違う景色が見れますね^^

美術館も併設されていて、有名なサルバドール・ダリによるヴィーナスの夢という作品も展示されています。国内外様々な芸術家の作品があり見ごたえ抜群です。

ぜひ行ってみてください(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です